ロゴ

浜松市の弁護士 小原総合法律事務所は、相続、離婚、交通事故、債務整理などの個人法務から、
倒産、労働、契約、顧問などの中小企業法務に至る幅広い分野を取り扱う事務所です。

電話番号053-489-3571

電話受付 平日9時30分〜19時00分
土曜9時30分〜12時00分

お問い合わせ メール受付24時間

【解決事例】離婚後に配偶者の不貞相手から慰謝料を獲得した事例

  • カテゴリー:離婚・男女問題
  • 2021.09.24

サムネイル画像

ご依頼主: 30代 女性
依頼内容:慰謝料請求

ご相談内容

 夫が外泊を繰り返すようになり、調査してみたところ、同僚の女性の家に宿泊していることがわかりました。

 そこで、最初は夫との離婚についてどうしたらよいか、相談にいらっしゃいました。

弁護士の対応とその結果

 離婚について具体的な話し合いを始めていませんでしたので、まずは水面下で証拠を固めることを優先する方針をとりました。

 ご相談者にはかなり頑張っていただき、夫の不貞に関する証拠を確保し、夫の財産状況を把握することができました。

 そのため、法律的にどのような請求ができ、どれくらいの財産を確保できるか、見通しをしっかり立てることができました。

 離婚協議については、不用意に弁護士が介入するよりも、本人で穏便に行い、不利な条件にならないよう離婚してしまうこととし、不貞行為の責任は、夫の不貞相手に対して追及するという方針をとりました。

 不貞相手に対しては弁護士が書面を送ったところ、不貞相手も代理人弁護士を立てましたので、代理人間で交渉を行いました。

 当方にとって有利な事情を把握していましたので、交渉はかなり強気で行いました。

 その結果、合計で200万円の慰謝料を一括で支払ってもらうということで、裁判外で示談が成立しました。 

担当弁護士からのコメント

  本件では、ご依頼者の方にはしっかりと水面下の準備をしていただけたので、交渉に入る前に十分に準備することができました。

 相手方代理人がしっかりした反論をしてきましたが、どれも想定外のものではなく、裁判に進めても十分に対処することができるようなものでした。

 そのような事情もあって、強気に出たところ、良い水準の慰謝料を支払ってもらう内容で、早期解決をすることができました。

 交渉は、何よりも事前の準備が大切です。

 ご依頼者は、相談のタイミングも資料収集も的確だったことが、適切に交渉を進め、よい結果につながる重要な要素であったといえます。

(弁護士 小原将裕)

無料相談実施中。
まずは、お気軽にご相談ください。

ご相談・お問い合わせContact Us