ロゴ

浜松市の弁護士 小原総合法律事務所は、相続、離婚、交通事故、債務整理などの個人法務から、
倒産、労働、契約、顧問などの中小企業法務に至る幅広い分野を取り扱う事務所です。

電話番号053-489-3571

電話受付 平日9時30分〜19時00分
土曜9時30分〜12時00分

お問い合わせ メール受付24時間

【解決事例】信用情報を回復するため複数社に時効援用した事例

  • カテゴリー:債務整理
  • 2021.05.24

サムネイル画像

ご依頼主: 40代 男性
依頼内容:時効援用

ご相談内容

 融資を受けようとしたところ、断られてしまいました。

 信用情報を取得して確かめてみたところ、5年以上取引のない債権者や、借入自体をよく記憶していない消費者金融について、滞納の記録があったことが原因と考えました。

 そこで、時効援用や、信用情報の回復について、相談しようと考えました。

弁護士の対応とその結果

 信用情報に記載のある件については、全て消滅時効が完成している可能性が高いため、時効援用をお勧めしました。

 ご依頼いただきまして、4社に対して時効援用通知を送り、その後、信用情報の処理について、問合せを行いました。

 全社に時効中断事由がなかったため、無事に債務が消滅しました。

 また、弁護士から問合せ等を行い、各債権者とも、信用情報機関に返済完了の登録を行うことを確認しました。

担当弁護士からのコメント

 長期間返済がない借り入れについては、消滅時効が完成していれば、時効援用によって債務が消滅します。

 ところが、そのまま放置しておくだけでは、信用情報は「滞納」として記録され続けることになり、いつまでも事故情報が消えませんし、将来、借り入れが難しくなります。

 そこで、将来借り入れをしたいという場合には、時効援用を行う必要があります。

 時効援用通知を送り、信用情報機関に処理を行うことの回答とそのスケジュールを確認することで、依頼者にとっても、通知を送っただけで大丈夫なのか、信用情報はいつ回復するのか、安心して進めることができたと思います。

(弁護士 小原将裕)

無料相談実施中。
まずは、お気軽にご相談ください。

ご相談・お問い合わせContact Us